グループホームの求人に応募する前に

グループホームの求人

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

就職前に取る資格


「介護施設に就職する前にやるべき事とは」

近年高齢者の増加に伴って介護施設の需要が高まる傾向にあり、それに比例して介護資格を持つ方を対象とした求人広告がいたる場所で見受けられます。
企業や会社の場合は仮に介護資格を持っていなくとも入社後に会社側から用意された研修を受ける事で資格の取得が行えますが、重要な資格ともなるとやはり就職前に取得しておいた方が得策です。
介護福祉士の資格は勿論ホームヘルパー一級資格や実務者研修資格はなるべく早い段階で持っておいた方が良いので介護施設に就職を考えている方は早めに習得するようにして下さい。

「最初に持っておいた方が良い資格について」

国家資格の一つである介護福祉士資格は持っているだけで就職に有利な資格とされているのでまずは介護福祉士の資格を手に入れる事から始めます。
無資格者でも介護福祉士の資格を入手する事は可能ですが、取得する為には途方の無い時間をかけて勉強を行う必要があるので事前に他の介護資格を持っていた方が断然有利です。
効率良く資格を手に入れたい場合は最初に基本的な介護の知識を学べる介護福祉初任者研修をお勧めします。
他にも高度な介護技術が体験できる実務者研修では初任者研修時点で行う事が出来なかった実技研修を受ける事が出来、痰の吸引方法や経管栄養方法といった家庭内で出来る介護方法が学べる事が可能なので是非受けて頂きたい研修です。
無事に初任者研修資格と実務者研修資格の二つを入手する事が出来れば改めて介護福祉士資格試験を受ける事が可能で、更にこれら二つの資格を持っていれば一部の研修が免除される特典まで付いてきますから効率よく試験を受けられるでしょう。

「求人広告における資格の有無について」

介護福祉士の資格を取得しても全ての施設で働けるという訳ではなく、中には特殊な資格を所有している事を条件とした求人条件を求めているものも少なからず存在しています。


グループホームの求人をお探しの方に

グループホームのサービス

グループホーム別の求人情報