グループホームの求人に応募する前に

グループホームの求人

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

グループホームの訪問看護


「グループホームの訪問介護とは」

グループホームは基本介護を必要とする方を集めて共に共同生活を送る場として提供を行っている施設ですが中にはどうしても持病によって施設に通う事が出来ないという理由を持つ患者さんも少なくありません。
そこで用意されたのが訪問介護サービスで、このサービスは施設に所属している介護職員が直接ご自宅まで訪問を行う事で自宅に居ながら介護を受ける事が出来るという画期的なサービスであるのが特徴です。
特にグループホームにおける訪問介護は難しい認知症患者にもしっかり対応した介護を行ってくれますので皆様のお役に立てると思います。

「訪問介護を利用するには」

自宅での訪問介護サービスを使用する為にはまず最初に医療機関に所属の担当主治医から特別訪問介護指示書の交付を行わなければいけません。
指示書の交付を行うには厚生労働大臣が定めた疾患病を患っている事が条件で例をいくつか挙げておくと末期状態の悪性腫瘍を持っている方やパーキンソン病関連疾患等の特殊な病気を抱えている方に対して特別に交付が行われます。
訪問介護指示書を無事に交付できた場合は医療保険で一週間に四回以上の訪問介護を行う事が認められ、既に介護認定を受けていても持っている医療保険を優先して介護をここなってくれますから安心です。
またグループホーム以外にも訪問介護ステーションと契約を行っている方でも訪問介護を利用する事が可能で、グループホームと訪問介護ステーションの両方が契約を行っていけばより連携された訪問介護を受ける事が出来ますから万が一の可能性に備えたい方は両方の施設との契約を行ってみるのが良いです。

「交付を行う回数について」

訪問介護に必要な指示書の有効期限は二週間までが限度と設定されており、基本的に月一回までの交付が可能です。
しかし重度の病気を持っている場合に限り月に二回の交付が認められ、約四週間の訪問介護を受けられます。


グループホームの求人をお探しの方に

グループホームのサービス

グループホーム別の求人情報