グループホームの求人に応募する前に

グループホームの求人

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

グループホームの営業


「グループホームを経営していくためには」

現在高齢化社会と言われているように年々介護施設の需要が増えてきており、地域によっては介護施設が足りないという事態に発展してしまう可能性が大きいです。
その為各地で介護施設の運営を行う事が急務であり、中には普通のサラリーマンから介護施設の経営に方針転換した方も少なからず見受けられます。
特に介護施設の中でも特殊な条件を必要としているグループホームの運営は供給が追い付いていないのが現状ですので早急に対策を立てる必要があります。
グループホームを運営していくには特殊な資格を必要としますからまずはその資格を手に入れることから始めましょう。

「運営に必要な資格や経験について」

グループホームは認知症患者を中心に介護を行う施設なので認知症患者にも対応出来る資格が必要不可欠となります。
まず必要となるのは常に住居者の健康を見る事が出来る常勤管理者の資格、特殊なプランを作成できる介護支援専門員資格等が挙げられ、資格以外にも介護業務従事経験者及び介護事業経営経験者、厚生労働省指定の研修受講を経験した方を代表者として選ぶ必要があります。
これらの資格や経験は全てハードルが高く設定されており、更に市町村と協力して介護計画を立てておく必要があるので実際に施設を運営するまでに約二年程かかる事を覚えておいてください。

「求人募集を行う上での注意事項」

職員の求人募集を行う場合役員の採用する定員数を予め覚えておく必要があります。
理事役員では定員数六人以上で且つ社会福祉事業経験者や地域の福祉関係者を含んだ方を役職に迎える事が決まりです。
他にも監事では二名以上の定員数を雇う必要があり、その内財務監査と社会福祉事業経験者をそれぞれ一名必要とします。
理事役員と監事に共通しているのは他の役員と親族といった特殊な関係を持っている方を雇ってはいけない決まりがある為、これらの条件に引っかからない求人募集を行うことになります。


グループホームの求人をお探しの方に

グループホームのサービス

グループホーム別の求人情報