グループホームの求人に応募する前に

グループホームの求人

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

グループホームの勤務体制


「グループホームでの勤務体制について」

要介護認定された認知症患者を多く抱えるグループホームは全ての介護職員に対して特殊な勤務体制を取っています。
その最たるものが夜間勤務で認知症患者ともなるといつどんな行動をとるのか予測がしにくい為、少ない職員の元で24時間常に様子を見る必要があるからです。
夜勤は約16時間もの長い時間帯での勤務が普通で休憩二時間分を含む勤務時間ですと例えば午後四時からの勤務であれば午前十時までの時間帯で働く事になります。
この例だと二日勤務なので日にちを跨いでの勤務となりますがその代わりに翌日は休みを用意してくれる施設が多いので余程のアクシデントが無い限り毎日続けての夜勤はありません。

「それぞれの時間帯による職員の配置や職務内容について」

グループホームにて働く介護職員は少数精鋭を基本として営業を行っているため殆どの場合、一つの勤務時間につき介護員一名が割り当てられます。
夜勤以外だと大体九時間ほどの勤務時間となっており、臨時の介護員だと一・二時間程度の時間にて働く事になります。
次に職務内容についての説明ですが介護員の場合は入居利用者に対して必要となる介護や支援を中心に行動を行うのであらゆる事柄に対処・支援し、夜勤者の場合だと夜間中の巡視や利用者の様態が急変した時に備えた緊急の連絡を行うのが主な仕事です。
これらの配置や仕事については全て施設の管理者に一任しているので勤務時間や仕事内容に何かおかしな点がある場合は事前に管理者を通した上で話し合う必要があることを覚えておいてください。

「現在行っている求人の条件」

グループホームにて働く場合最低でもホームヘルパー二級及び初任者研修資格を所有していることが条件で更に介護職勤務経験が一年以上あれば更に採用される確率が高くなります。
殆どの場合性別を問わず採用されますが中には女性利用者の入浴介護が必要としている施設もある為、女性職員のみ募集する施設も存在していますからくれぐれも求人条件の確認を怠らないよう注意です。


グループホームの求人をお探しの方に

グループホームのサービス

グループホーム別の求人情報