グループホームの求人に応募する前に
グループホーム求人 > グループホームのサービス > グループホームに関するケアプラン

グループホームの求人

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

グループホームに関するケアプラン


グループホームにおけるケアプランについて

グループホームでは認知症の症状を軽減させつつ入居者である高齢者達にきちんとしたサービスを提供し続ける為に、ケアプランと呼ばれる計画書の作成を始めることになったのです。
ケアプランは認知症介護実務者研修と呼ばれる資格を取得したスタッフのみが作成出来る計画書となっており、各入居者の性格から趣味まで全てを把握しつつ作成しなくてはいけません。
また計画書作成に携わるスタッフのうち1名はケアマネージャーでなければいけませんから、準備を整えてからケアプランを作り出すのは基本です。
ケアマネージャーは主に計画作成担当者の業務を対象に管理監督するのが仕事であり、客観的視点に基づいたアドバイスと改善案を伝えるので、よりレベルの高いケアプランを作り出せます。

ケアプランを作成する際の流れについて

正式にケアプランを作成する際の基本的な流れはまずグループホームの支援を受けることを希望する方々と相談を行うようにし、そこから介護保険制度に関する説明を始める必要があります。
次に希望するサービスの種類・利用回数・日時といった具体的な要望案を聞くようにしつつ、それらを全て細かく正確にメモしなくてはいけないのです。
後はそれらの希望案に基づいたケアプランをケアマネージャーと認知症介護実務者研修の資格を取得したスタッフが作成するようにし、完成した際には施設利用希望者に渡すことになります。
正式にケアプランに基づいた支援が行われることになった際には専任のケアマネージャーが継続して気にきちんとしたサービスを続けているかどうかチェックを行う為、計画書通りの活動が出来るよう支援を行い続けるようにします。
定期的にモニタリングを行い随時ケアプランを見直さなくてはいけませんし、万が一施設利用者の認知症の症状に変化が見られた際には、それに対応する為の支援を行えるよう準備を整えることになるのです。


グループホームの求人をお探しの方に

グループホームのサービス

グループホーム別の求人情報