グループホームの求人に応募する前に
グループホーム求人 > グループホームのサービス > グループホームでの医療行為

グループホームの求人

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

グループホームでの医療行為


グループホームで行われる医療行為について

グループホームで行われる医療行為は主に痰の吸引行為と経管栄養と呼ばれるもので、どちらも高齢者が健康的に生活を続ける上で欠かせない支援です。
痰の吸引行為は文字通り喉の辺りに溜まった痰を排出させるようにし、それによって気道を常に綺麗な状態に保つ方法です。
痰が溜まり続けると気道の確保が難しくなり呼吸困難になる恐れがあるので、グループホームのスタッフは常に入居者の状態をチェックしています。
経管栄養についてですがこちらは専用の管を使い栄養分と水分を与える医療行為であり、経口摂取が困難な状態にある方を対象に行われます。
使われる素材は全て流動食として作り出されていますから無理して栄養を与えてしまうことはなく、詰まるといったトラブルも起きにくい為多くのグループホームで見られる医療行為だと言えるのです。

医療行為を行う為に必要な資格について

グループホームで働く際に医療行為に携わってみたいと考えている時は、実務者研修と呼ばれる資格を取得しなくてはいけません。
実務者研修とはヘルパー1級と呼ばれていた資格であり、こちらを取得することで医療行為である痰の吸引と経管栄養の療法を始められます。
グループホームでは実務者研修の資格を取得していなかったとしても働くことが可能な所は多いですが、無資格の状態だと当然医療行為を始められない為将来こちらの施設で勤務することを考える時は前もって実務者研修を手に入れておきましょう。
実務者研修の資格は専用の講座に参加して勉強を続けることで取得出来ますから、手に入れるのは難しくないです。
勿論このような講座ではヘルパー2級と呼ばれていた初任者研修の資格も取得可能なので、一気に必要なものを手に入れて有利な条件の中で働けます。
資格を取得することでグループホームでの勤務による収入が増えるようになり、即戦力として見なされる為充実した環境下で勤務出来ます。


グループホームの求人をお探しの方に

グループホームのサービス

グループホーム別の求人情報