グループホームの求人に応募する前に

グループホームの求人

通 信 講 座

通 信 講 座

介護の資格を取る際の料金

資格を取るにはこんなにもお金が必要です・・・

キャリアアップ応援制度をご存知ですか??

受講料0円!! キャリアアップ応援制度はこちら

グループホームの求人について

グループホームの仕事内容

「グループホームはどのような活動を行うのか」

今や介護活動に欠かせない存在として注目されているグループホームですがその仕事内容は一体どのようなものなのでしょうか。
そもそもグループホームとは病院等から要介護認定を受けている認知症患者との共同生活が可能なシステムを導入している施設であり、九人で一つのユニットを組んで食事や洗濯及びリハビリを兼ねた機能訓練を行います。
これにより家庭のような共同生活を送ることで認知症の進行を遅らせる事にも繋がりますから普段の日常生活を施設でも味わう事が出来るのです。
なお、基本的な生活活動については出来る範囲のものであれば利用者本人の力で行動させるので職員や係りの仕事は主にその行動のサポート役となります。

「求人に求められる資格について」

認知症患者を多く抱えるグループホームでは通常の介護資格以外にも特殊な患者にも対応した資格等を所有する事が条件となっています。
例を挙げると認知症患者でも通常通りの生活を送る為の計画を立てるのに必要な介護支援専門員資格や資格以外にも認知症介護経験を含む実務経験を三年以上持っている方等が挙げられます。
他にも施設を24時間常に勤務及び管理する必要があるので専従の常勤管理者資格所有者も対象です。
これらの条件は社会福祉法人も含めて大変ハードルが高い求人条件となっていますので覚悟の上で臨むようにして下さい。

「グループホームについてもう少し詳しく知りたい場合」

一言にグループホームと言っても様々なタイプが存在しており、ただ施設を選んでいるだけでは相性などが合わないという理由で長く続けることが出来なくなります。
介護施設に関する求人サイトなどでは一つ一つの施設に対する感想や評価・特色などが細かく紹介されていて、どのタイプの施設が相性良いのか一目見て分かるようになっています。
これらのサイトや情報を利用する事で自分にピッタリな施設を見つけ出すことが出来ますから施設探しに困っている場合は情報サイトを利用してみるのが良いです。

就職前に取る資格

「介護施設に就職する前にやるべき事とは」

近年高齢者の増加に伴って介護施設の需要が高まる傾向にあり、それに比例して介護資格を持つ方を対象とした求人広告がいたる場所で見受けられます。
企業や会社の場合は仮に介護資格を持っていなくとも入社後に会社側から用意された研修を受ける事で資格の取得が行えますが、重要な資格ともなるとやはり就職前に取得しておいた方が得策です。
介護福祉士の資格は勿論ホームヘルパー一級資格や実務者研修資格はなるべく早い段階で持っておいた方が良いので介護施設に就職を考えている方は早めに習得するようにして下さい。

「最初に持っておいた方が良い資格について」

国家資格の一つである介護福祉士資格は持っているだけで就職に有利な資格とされているのでまずは介護福祉士の資格を手に入れる事から始めます。
無資格者でも介護福祉士の資格を入手する事は可能ですが、取得する為には途方の無い時間をかけて勉強を行う必要があるので事前に他の介護資格を持っていた方が断然有利です。
効率良く資格を手に入れたい場合は最初に基本的な介護の知識を学べる介護福祉初任者研修をお勧めします。
他にも高度な介護技術が体験できる実務者研修では初任者研修時点で行う事が出来なかった実技研修を受ける事が出来、痰の吸引方法や経管栄養方法といった家庭内で出来る介護方法が学べる事が可能なので是非受けて頂きたい研修です。
無事に初任者研修資格と実務者研修資格の二つを入手する事が出来れば改めて介護福祉士資格試験を受ける事が可能で、更にこれら二つの資格を持っていれば一部の研修が免除される特典まで付いてきますから効率よく試験を受けられるでしょう。

「求人広告における資格の有無について」

介護福祉士の資格を取得しても全ての施設で働けるという訳ではなく、中には特殊な資格を所有している事を条件とした求人条件を求めているものも少なからず存在しています。

グループホームの一日の流れ

「グループホーム介護施設とは」

グループホームは医療機関において要介護認定された認知症患者用の施設であり、他の通常施設とは違って入居する為には予めご利用対象者のチェックを行う必要があります。
例えば認知症診断を受けた要介護認定者を中心に入居するので自傷行為及び他の方に害を与えない患者のみ入居する事が許され、また共同生活を送ることになる為他の入居者と一緒に生活できる方に限られることを覚えておきます。
他にも常時医療機関にて治療の必要がある方に対して入居する事は不可能ですのでその点にもご注意です。
これ以外の要素に関しては面談による判定で決定されますからしっかり面接を受けましょう。

「主な一日の流れ」

グループホームの一日を簡単に説明していきますとまず起床時間は午前六時となっているのが特徴で、成るべく早い時間帯に起こす事により規則正しい生活を送ることが出来ます。
そして次に行うのが朝食で内容は主にご飯とみそ汁、焼き魚を中心に揃えられ、栄養バランスをしっかり重視した内容となっているのが特徴です。
食事が終わった後に行うのが健康チェックでこのチェックの判定により今日一日における予定が決定するのでサボらずしっかり受ける必要があります。
しばしの休憩をはさんだ後は晴れた庭の中を散策したり、リビングなどでお茶を楽しむといった趣味の時間を過ごしてお昼の昼食時間へと入ります。
午後からは歌やゲームといったレクリエーションを行いますが毎月内容が違ったイベントを用意しているのでいつでも新鮮で楽しく参加できる工夫を凝らしている点にも注目です。
二時半以降からは少し早目の入浴タイムとなり、レクリエーション等で体を思い切り動かした後のお風呂はまた格別です。
お風呂上がりの後は日替わり形式のおやつを楽しんで頂いた後は午後の健康チェックを行います。
午後六時台になった後は仲間全員で夕食を食べ、その後の時間からは自分の趣味に費やす時間が与えられます。
そして午後九時になって早めの就寝を行い一日の生活が終了、以上の流れが基本的な生活の流れとなりますからグループホームの利用や就職を考えている方はこの流れを参考にして下さい。

グループホームの訪問看護

「グループホームの訪問介護とは」

グループホームは基本介護を必要とする方を集めて共に共同生活を送る場として提供を行っている施設ですが中にはどうしても持病によって施設に通う事が出来ないという理由を持つ患者さんも少なくありません。
そこで用意されたのが訪問介護サービスで、このサービスは施設に所属している介護職員が直接ご自宅まで訪問を行う事で自宅に居ながら介護を受ける事が出来るという画期的なサービスであるのが特徴です。
特にグループホームにおける訪問介護は難しい認知症患者にもしっかり対応した介護を行ってくれますので皆様のお役に立てると思います。

「訪問介護を利用するには」

自宅での訪問介護サービスを使用する為にはまず最初に医療機関に所属の担当主治医から特別訪問介護指示書の交付を行わなければいけません。
指示書の交付を行うには厚生労働大臣が定めた疾患病を患っている事が条件で例をいくつか挙げておくと末期状態の悪性腫瘍を持っている方やパーキンソン病関連疾患等の特殊な病気を抱えている方に対して特別に交付が行われます。
訪問介護指示書を無事に交付できた場合は医療保険で一週間に四回以上の訪問介護を行う事が認められ、既に介護認定を受けていても持っている医療保険を優先して介護をここなってくれますから安心です。
またグループホーム以外にも訪問介護ステーションと契約を行っている方でも訪問介護を利用する事が可能で、グループホームと訪問介護ステーションの両方が契約を行っていけばより連携された訪問介護を受ける事が出来ますから万が一の可能性に備えたい方は両方の施設との契約を行ってみるのが良いです。

「交付を行う回数について」

訪問介護に必要な指示書の有効期限は二週間までが限度と設定されており、基本的に月一回までの交付が可能です。
しかし重度の病気を持っている場合に限り月に二回の交付が認められ、約四週間の訪問介護を受けられます。

グループホームのアクティビティ

「グループホームにおけるアクティビティの重要性」

皆様は介護施設が用意したアクティビティサービスについてご存じありますか。
活動内容は主に歌や踊り、お絵かき・体操といった頭を使う物から体を動かすものまで施設のご入居者様方を常に飽きさせない遊びを介護施設ではアクティビティと呼んでいます。
アクティビティは入居者の心と体を癒す効果を持っており、今まで体験した事の無い楽しい時間を過ごせることと思います。

「アクティビティの内容について」

アクティビティによる遊びの種類は大きく分けて三種類用意してあり、それぞれ自然の空気を味わう事の出来る外出行事や楽器を使って自分だけの音を楽しめる音楽体験、足湯に浸かって気持ちの良い時間を過ごす健康促進コースが挙げられるのです。
これらの効果や目的には主体性や日常生活を充実した生活を送る為に設定されたものであり、ただ施設で過ごすだけでなく自分で物事を考えて体を動かすことによっていつまでも学ぶことの楽しさや喜びを味わう事が出来るのです。
なおアクティビティの参加自体は特に強制的なものではなく、常に入居者様の体調や気分を最大限考慮に入れた上で参加できる自由形式ですから心の底から楽しむ事が可能となります。

「時には仕事を与えて協力できる事の喜びを与えます」

普段の日常における調理のお手伝いや掃除等の仕事をやり終えた後の喜びは何物にも代えがたいものがあるのです。
入居者様の中には自分からスタッフのお手伝いに参加してくれる事があり、施設のスタッフもその意思を尊重して料理の盛り付けやイベントの準備、簡単なお掃除などをお手伝いさせて貰っています。
こうした仕事の役割を常に与える事によっていつまでも生きる事への活力を与え、日々の生活に満足できる環境を作り上げるのも介護スタッフの基本でもあり大切な役目なのです。

グループホームの栄養管理

「安心してグループホームを利用していく為に」

グループホームでは常に入居者に与える食事の栄養を徹底して管理しており、どんな些細な事でも見逃しません。
例えば求人採用には管理栄養士の資格や調理師の資格を持つ方の応募を行っているので、一つの施設につき約50人以上の栄養士スタッフを用意しているのが特徴です。
また毎日の献立表には入居者一人一人の特徴をしっかり記録しており、主に苦手としている食べ物やアレルギー症状を持っている方などについての情報等も書かれています。
現在では栄養価のスタッフが十分増えているので管理栄養士の仕事を貰って一年以上経過したスタッフを対象に実際の調理現場の見学指導を行うなどスタッフの教育にも力を入れていることが分かります。
これら全ての行動には入居者の健康を第一に安心と安全を考慮した食事を常に楽しんでもらいたいという思いが込められているのです。

「バランスの取れた食事を毎日提供しています」

朝・昼・晩のメニューにはご飯とみそ汁がセットになってついてきており、栄養の基本となるたんぱく質やビタミンB群を毎日摂取出来るよう献立を考えています。
ご飯に使用されているお米には限りなく白米に近い物が使用されているので非常に消化が良く、他にもみそ汁の具であるキノコやわかめといった食材にはカロリーが控えめという特徴を持っているため肥満防止にもなります。
また月二回程かかりつけの栄養士による糖尿病患者の栄養指導を行っており、体に負担をかけさせないメニューを考えてくれますからこれ程心強い物はありません。

「体の健康チェックにも抜かりはありません」

月に一度入居者の体重チェックと測定を行っており、食事はしっかり満足いくものを提供できているかどうか確認します。
他にも糖尿病患者に対しては虫歯や歯周病になりやすい体質となっているので同時に口腔ケアも行っているのも特徴です。
これらのチェックを毎月行う事によってしっかりとした食生活が送れるようになりますから施設に就職したばかりの方はスタッフや栄養士の指示に従うよう心がけましょう。

グループホームの営業

「グループホームを経営していくためには」

現在高齢化社会と言われているように年々介護施設の需要が増えてきており、地域によっては介護施設が足りないという事態に発展してしまう可能性が大きいです。
その為各地で介護施設の運営を行う事が急務であり、中には普通のサラリーマンから介護施設の経営に方針転換した方も少なからず見受けられます。
特に介護施設の中でも特殊な条件を必要としているグループホームの運営は供給が追い付いていないのが現状ですので早急に対策を立てる必要があります。
グループホームを運営していくには特殊な資格を必要としますからまずはその資格を手に入れることから始めましょう。

「運営に必要な資格や経験について」

グループホームは認知症患者を中心に介護を行う施設なので認知症患者にも対応出来る資格が必要不可欠となります。
まず必要となるのは常に住居者の健康を見る事が出来る常勤管理者の資格、特殊なプランを作成できる介護支援専門員資格等が挙げられ、資格以外にも介護業務従事経験者及び介護事業経営経験者、厚生労働省指定の研修受講を経験した方を代表者として選ぶ必要があります。
これらの資格や経験は全てハードルが高く設定されており、更に市町村と協力して介護計画を立てておく必要があるので実際に施設を運営するまでに約二年程かかる事を覚えておいてください。

「求人募集を行う上での注意事項」

職員の求人募集を行う場合役員の採用する定員数を予め覚えておく必要があります。
理事役員では定員数六人以上で且つ社会福祉事業経験者や地域の福祉関係者を含んだ方を役職に迎える事が決まりです。
他にも監事では二名以上の定員数を雇う必要があり、その内財務監査と社会福祉事業経験者をそれぞれ一名必要とします。
理事役員と監事に共通しているのは他の役員と親族といった特殊な関係を持っている方を雇ってはいけない決まりがある為、これらの条件に引っかからない求人募集を行うことになります。

グループホームの看護師

「グループホーム看護師の配置について」

介護施設の一つであるグループホームは認知症と判断された入居者と介護スタッフが協力しながら認知症ケアを行います。
それゆえに大人数である必要が無いので必然的に看護師を雇う人員や配置基準が決まっているのが特徴です。
認知症患者を抱えているグループホームの場合、入居者10人を例に挙げると最低でも四人の看護師スタッフが必要と決められています。
何故ならあまり必要以上に看護師を導入してしまうとグループホームの理念である家庭的な空間を作り上げる事が大変困難となってしまい、最大の目的である認知症患者の自立が果たせなくなるからです。
その為出来る限り少ない人数に配置する事こそ看護師と入居者共々もっとも働きやすい職場を実現する事に繋がるのです。

「労働者に支払われる報酬はどこから出てくるのか」

グループホーム等の各介護施設はボランティア団体と違って正式に国によって認められた職場ですので看護師を初めとした介護職員に対して正当な報酬を払う義務があります。
しかしその費用は施設の入居者から得る金額だけではとても賄えるものではないので、それらに加えて介護保険等から発生する補助金によって無事にお給料が支払われるのです。
補助金を効率よく利用する事を理由に近年の看護師求人の人数が少なく制限されている広告が増えていますので、これらの理由をしっかり考慮に入れた上で求人に申し込みましょう。

「自分の条件に合った求人情報を見つけるには」

数多くの求人情報が揃っている看護師転職情報サイトでは様々な条件を指定してクリックするだけですぐに希望する求人情報を引き出す事が出来るのでお勧めです。
なるべく条件を二つ程に絞ってから検索するのがコツで、あまり条件を沢山指定した上で検索してしまうと思うように情報を見つけ出すことが困難になってしまいます。

グループホームの勤務体制

「グループホームでの勤務体制について」

要介護認定された認知症患者を多く抱えるグループホームは全ての介護職員に対して特殊な勤務体制を取っています。
その最たるものが夜間勤務で認知症患者ともなるといつどんな行動をとるのか予測がしにくい為、少ない職員の元で24時間常に様子を見る必要があるからです。
夜勤は約16時間もの長い時間帯での勤務が普通で休憩二時間分を含む勤務時間ですと例えば午後四時からの勤務であれば午前十時までの時間帯で働く事になります。
この例だと二日勤務なので日にちを跨いでの勤務となりますがその代わりに翌日は休みを用意してくれる施設が多いので余程のアクシデントが無い限り毎日続けての夜勤はありません。

「それぞれの時間帯による職員の配置や職務内容について」

グループホームにて働く介護職員は少数精鋭を基本として営業を行っているため殆どの場合、一つの勤務時間につき介護員一名が割り当てられます。
夜勤以外だと大体九時間ほどの勤務時間となっており、臨時の介護員だと一・二時間程度の時間にて働く事になります。
次に職務内容についての説明ですが介護員の場合は入居利用者に対して必要となる介護や支援を中心に行動を行うのであらゆる事柄に対処・支援し、夜勤者の場合だと夜間中の巡視や利用者の様態が急変した時に備えた緊急の連絡を行うのが主な仕事です。
これらの配置や仕事については全て施設の管理者に一任しているので勤務時間や仕事内容に何かおかしな点がある場合は事前に管理者を通した上で話し合う必要があることを覚えておいてください。

「現在行っている求人の条件」

グループホームにて働く場合最低でもホームヘルパー二級及び初任者研修資格を所有していることが条件で更に介護職勤務経験が一年以上あれば更に採用される確率が高くなります。
殆どの場合性別を問わず採用されますが中には女性利用者の入浴介護が必要としている施設もある為、女性職員のみ募集する施設も存在していますからくれぐれも求人条件の確認を怠らないよう注意です。

グループホームの夜勤

「介護施設における夜勤の重要性について」

多くの高齢者を抱える介護施設である以上常に24時間の管理体制は必要不可欠であり、特に要介護認定された認知症患者のサポートを担うグループホームでの夜勤は重要な意味を持ちます。
特に認知症患者の場合は夜中にどんな行動を起こすのか誰にも想像する事が出来ない為、様々なトラブルにも対処できるよう夜勤活動は毎日行われるのです。

「夜勤活動が行われる時間について」

現在多くの介護施設にて設定されている時間が最大16時間で二日に跨いで勤務する為、労働基準法の定めにより適度に仮眠をとる必要があります。
仮眠がとれる時間は約2時間分で休んでいる間はもう一人の介護職員と交代制で行われます。
なお仮眠時間による時間分はしっかり勤務16時間分の中に入っていますから、勤務外の扱いはなりません。
16時間の長い夜勤が終わった翌日は一日の休みが貰えるので、次の仕事に支障をきたさないようにゆっくり体を休めましょう。
中には16時間以上の夜勤時間を設定している施設もあり、この場合は明らかに労働基準法を違反している行為なので勤務時間に疑問を持った場合は直ちに厚生労働省や労働基準局へ連絡を入れて下さい。

「主な活動内容について」

夜勤で行う仕事は通常の業務とは異なり、二時間毎の施設巡回に加えて設備や空き部屋の掃除や台所や洗面台の洗剤類のチェック、書類の整理整頓等を中心に行います。
朝5時台に入ってからは朝食作りを行いながら起床合図を利用者全員に伝える仕事があるので実際には最後までゆっくりする余裕はありません。
万が一のトラブルにいつでも対応出来るよう常に緊張感を持って活動する事を忘れずに行動する事が大事です。
この活動内容は施設のほんの一例であり、地方の施設によっては活動内容が大きく異なる場合がありますのでご了承ください。

1 / 41234

グループホームの求人をお探しの方に

グループホームのサービス

グループホーム別の求人情報